アプリの小ネタ

昼下がりのゆっくりとした時間を、紅茶でも嗜みながら、ゆっくりとブログを執筆する優雅なひと時。

 

…そんな暇ないっす。

でもホームページやブログの更新はしないと、ウェブサイトが死んでいる扱いされてしまうので、頑張って執筆。

年明けから多忙な杉田塗装、職人も事務方もフル回転です。

というわけで、ちょくちょくストックした記事を公開いたします。

(暇があるときに執筆するスタイルで)

 

塗装職人はiPhoneユーザのほうが多い?

勝手な統計からの推論です。

ちょっと気になったので杉田塗装がプロデュースしている「塗料の硬化剤 即計算!」の販売統計を調べました。

総数は企業秘密なので言えませんが、比率ぐらいはOKかな、と。

 

結果(おおよそです)

iOS版 3:1 android版

 

そしてiOS版を購入されているかたのほとんどがiPhoneです。

※なぜかiPadユーザも若干名いらっしゃいます。現場で持ち運びできないでしょうから、営業とかの方かな?

 

塗装職人さんか、関係する職種の方が購入するとして、iPhoneユーザの方が約3倍も多い計算になります。

そこから導きだす結論が、

塗装職人はiPhoneユーザのほうが多そう

という結論になります。

 

まったくもって勝手な解釈ですが、そこそこの統計数からの分析なので、それなりに信ぴょう性があるかなと思います。

まあ、android版もiOS版もほぼ同じ作りなので、使い勝手は変わらないです。(というより、機種に依存します)

まだ未購入の塗装職人さんに、ぜひオススメいたします。

 

また頂いたレビューには、できるだけ開発者本人が本気でお答えいたします。

 

昼下がりのゆっくりとした時間を、紅茶でも嗜みながら、ゆっくりとプログラミングをする優雅なひと時。

…そんな時間が欲しいっす。

ただいま加須市のアパート塗装中

2018年に建設業許可を取得した、株式会社杉田塗装。

これで大きい物件でも安心して契約できます。

なぜ大きい物件だと、建設業許可が必要か、そのご説明。
建設工事の完成を請け負うことを営業するには、その工事が公共工事であるか民間工事であるかを問わず、建設業法第3条に基づき建設業の許可を受けなければなりません。ただし、「軽微な建設工事」のみを請け負って営業する場合には、必ずしも建設業の許可を受けなくてもよいこととされています。

建築一式工事以外の建設工事については、工事1件の請負代金の額が500万円未満の工事を軽微な建設工事として扱います。

(国土交通省HPより、一部文脈改変)

 

一般住宅では500万を超える外壁塗装工事はまずないと思いますので、一般住宅の外壁塗装工事は、ほぼ軽微な工事にあたります。(とんでもなく大きいお宅か、壁や屋根を張り替えたりすればあり得るかもしれませんが、それでも塗装だけじゃなくてかなり大規模のリフォーム工事でないとなかなか越えません。)

 

大きな物件というと、当社であり得るのは…店舗とかアパートとかでしょうか。やはり通常の住宅より面積が何倍か大きいので、必然として費用も大きくなります。

 

建設業許可を取ったから、というわけではありませんが、アパート兼店舗の外壁塗装のご依頼をいただきました。2019年の初仕事で加須市内のアパートを塗装させていただいております。

 

店舗とお住まいの両方を備えている物件なので、ご準備したのが・・・

「通常通り営業中」看板。

今までも単独店舗の塗装工事はありましたし、アパートの塗装工事の実績も多数ございます。
ですが、複数店舗の入った店舗兼アパートの工事は近年のデータにはありません。(昔はやったことがあると思いますが)

足場がかかってしまうと、営業しているのかどうか、外から非常にわかりづらく、ご迷惑をおかけしてしまいます。店舗の営業に差支えのないようにご用意させていただきました。

入口には手作りのを設置。もう少し文字を太く大きく目立つようにすればよかったと反省。

 

二階の居住している方にもご迷惑かけてしまうので対策を色々。

写真は1Fですが、ペンキ塗りたてのご注意。

昔のコントとかアニメとか、塗りたてのベンチに座って背中からお尻までペンキだらけなんてシーンがありますが、あれを本当にやってしまったら結構ひどいことになります。
服はもう使い物にならないし、当然塗り直し(1回じゃなく、下塗り、中塗り、上塗りまで必要な部位だったら最悪3回。しかも回りと調整しなくてはならないし…)

ペンキ塗りたてには本当にご注意ください。

スカートやコート類の裾(ひらひらしている部位)や、お手持ちのカバンなどが一番ぶつけやすい箇所です。

 

途中経過のお写真を何点か。

軒天輝いてる。光の加減だと思いますが、塗りたてなので。

外壁塗装中。いい感じに仕上がってきております。

白い竪樋は、後日塗装予定。

シャッターも吹付塗装できれいになりました。(枠は後から)

2018年忘年会の様子

2018年の12月、杉田塗装はめちゃくちゃ大忙しでした。

予定の変更、追加工事、多職種との調整、足場の手配など、自社他社問わずの大忙し。まさに師走。

それでも、年内にやるべきことはほぼまとめられたのは、ひとえに職人・社員一同の頑張りと、防水屋さんや板金屋さんなどの他職種の方の尽力があったからだと思います。

外壁塗装は一日にしてならず、一人にしてならず、です。チームワークの賜物かと。

 

そんな苦労を労い、パーっと気分転換の場を設けることも、また一つの重要な会社行事、親睦会の出番であります。

というわけで、2018年も、無事に忘年会を開催することができました!!!

 

今年は、ボウリング大会と食事会の2段構え。

ゲストにお世話になった他業種の方、販売店の方もお迎えして、ボウリング大会は家族参加OKでやってみました。

ボウリングは、加須市のビバモール内にあるジョイナスボウル様をお借りしました。

(4レーン貸していただきました!)

今回力を入れて準備した優勝商品は・・・ゲストのH氏にかっさらわれました!(笑)

5連続ストライクとか出して、トップ目だった杉田代表を一気に大逆転、なかなかにドラマティック。

ハンディ入りといはいえ、小学生も大健闘。上位商品ゲットしてました。(ビールじゃなくてよかった、次回の課題にします)

 

そして食事会。久喜市にあります、和食上州様で行いました。

見た目は上品な割烹料理屋さんですが、和食だけでなく、定食メニューから唐揚げ、タンメンやカレーまであったり、非常に多彩です。

お酒の種類も豊富で、個人的には魚料理や刺身が非常に美味しいと思っております。

ボウリング会場に忘れ物をして戦々恐々としている幹事をよそに、みんなガッツリいただいてました。

一通り宴会コースに追加オーダーOKにしてたら、カツカレー大盛とか追加されててびっくり。(デカ盛りっすよ、ここのカレー)

 

ビンゴ大会も開催し、一等は米沢牛という大盤振舞。

全員が色々な商品をお持ち帰りすることができました。

※余談ですが、皆様がお買い上げいただいたアプリ「塗料の硬化剤 即計算!」の売上は、こうして社員一同に還元されていたりします。

 

今回ご支援・ご奉仕いただいた方、またお歳暮も一部活用させていただいたりもしておりまして、多大に感謝しております。

親睦会会長(ブログ筆者)として、お礼申し上げます。

 

2018年の仕事を一つ一つ丁寧に仕上げていったからこそ、このような会を催すことができました。

2019年の忘年会も、2018年よりも良いものが開催できるように、まずは仕事を一つ一つ丁寧にやっていきたいと思います。

(来年のことを言うと鬼が笑うと言うけど、今年開催予定のことだからセーフ?)

2019年! あけましておめでとうございます!

新年、あけましておめでとうございます!今年も杉田塗装をよろしくお願いいたします。

 

杉田塗装、1月5日から足場かけと一部塗装工事を行っております!

本格的な始動は1月7日からですが、よろしくお願いいたします。

 

余談ですが、1月2日と4日もちょこっとだけ仕事しております。

年末にできなかったこともありまして。

遠隔地からでもお客様と色決めの情報をやりとりできるご時世、よく考えると凄いことですね。(IT担当なのに時代遅れ)

 

年末年始、皆様、いかがお過ごしでしたでしょうか。

初詣や、海外旅行、ショッピングなどに出かけられた方。

ボクシング、天皇杯サッカー、箱根駅伝、ラグビー、プロレスなどスポーツ観戦漬けだった方。

帰省ラッシュもなんのその、ご実家で親戚の方と過ごされた方。

仕事やボランティア活動など、お役目を頑張られた方。

ここぞとばかりに家で寝正月だった方。

美味しいものを腹いっぱい食べて、「体重が!」という方。

 

いかにもありそうなお正月テンプレートですが、だいたいどれかに当てはまるのではないでしょうか。

筆者は、朝3時過ぎから行列のできる魚屋に並んでみたりとか、圧力鍋を引っ張り出して料理とか、岩盤浴とか、普段あまりできない事やってみました。

諸事情で、家のリフォームやバリアフリーのことを考えてみたりとかも。

(塗装はまだしばらく大丈夫ですが、…って、社員割りあるのか?)

 

普段の生活をしているとなかなか外壁塗装やリフォームのことを考える余裕はないですよね。

こういう正月モードだったり、GWやお盆のときに、少し考えておくと良いと思います。

外壁のご相談でしたら、ぜひ杉田塗装までご連絡ください。

雨戸ラッシュ!

気が付けば12月も下旬となり、皆様、公私ともに超大忙しではないでしょうか。

杉田塗装も年末の納期に向けて、いよいよ大詰めです。

(執筆時、12月21日です)

 

現場もそうですが、雨戸の吹付塗装も、社内ブースでガンガンこなしております。

水洗いして、サッシから外して、地上に下ろして、トラックに積んで、杉田塗装まで持ってきて、サンドペーパーで目荒らしして、吹付の準備をして(塗料、コンプレッサー、吹付ブース、排気など)、外枠(アルミ部分)にマスキングテープ貼りをして、吹き付けて、乾かして、もう一回吹き付けて、乾かして、マスキングテープをはがして、現場に持っていき、足場の隙間を通してサッシに戻し、ドライバーで取り付ける。

主なルーティーンですが、言葉にすると面倒ですね。

これにキズの補修や戸車の交換だったり微調整が加わると、中々大変。杉田塗装で手に負えないものは、サッシ屋さんや板金屋さんの出番だったりします。

 

というわけで、雨戸ラッシュ。

なかなかの枚数。(でも1件分だったはず。結構多め)

 

ある程度件数まとめてやったほうが効率はいいのですが、1件当たりの枚数はお客様によって違いがあるため、ありすぎると大変です。

吹付にもコツがあり、どうしてもスプレー状に塗料を飛ばすと、中央部分が濃くなるため、帯状に吹き付けて行って、ある程度塗り重ね(吹付範囲の約3分の1ぐらい)するのが基本です。

こうすることで塗りムラを極力減らします。(過去の建築施工管理2級試験にもこの問題ありました。受ける方、要チェックです)

 

雨戸も断熱タイプのものや、波型のもの、木製、色々ありますが、やはり外壁と同じくお手入れは大事です。

外壁と同じく、朽ちるし、錆びるし、反ったり、レールの上を走らせてもガタガタしたり重かったり。

お客様の環境によっては、戸袋に入ったまま箱入り娘な雨戸もあったりします。

 

雨戸も外壁の一部です。

皆様も年末の大掃除の際に、一度ご確認してみるのもよいのではないでしょうか。

洗うだけでも結構印象が変わりますよ。

(もちろん、きれいに塗装するのがよいですが、プロじゃないと環境づくりから道具から技術から結構厳しいです。)

日本ペイントのGOOD JOBキャンペーン2018(その3)

3回目もダブルチャンス賞のオリジナルヤッケでした。(当選2回目なので写真は割愛)

カップ麺、ヤッケ、ヤッケときて、最終チャンスは1月末に結果発表。

日本ペイント様、いい物をぜひよろしくお願いいたします。

 

ちなみに、ショッキングなことがありました。

 

この企画は、応募券3枚分のシリアル番号で1口応募できます。

コンビニでよく700円以上お買い上げで1枚、というクジのような感覚です。

なので、ハズレなんてないと思ってました。

 

しかし・・・!!

まさかのハズレ券!

 

ハズレあるのかい、、、

しかも2枚も、、、

応募に挑戦すらさせてくれない、まさにハズレ中のハズレ!

(さらにこの2枚、束で貰ったのですが隣同士くっついてやってきました)

 

別途コーヒー引き換え券も4枚。(こちらは嬉しい)

確率、何分の1でしょうか。

 

杉田塗装の今年の悪い運勢は多分ここで使い切ったと思いますので、2018年の残りは平穏無事に過ごせるかと思います。

仕事納めまで残り半月、気を抜かず丁寧に、外壁塗装・内装工事を頑張ります。

カレンダーラッシュ!

2018年も残り1月足らず。

杉田塗装も年内に仕事を納めるべく、全員総出で頑張っております。

年末になると、関係各所から様々なカレンダーをいただきます。

なんとなく写真を撮ってみました。

※不公平のなきように、あえて社名隠しで。全部出そうと思ったけど無理でした。

頂いた皆様に、この場を借りて御礼申し上げます。

まだ未開封です。年末大掃除の際に新しいものに変える予定です。

平成30年から平成31年となり、新元号となる予定の2019年。

未開封のため「平成31年」と表記されているカレンダーはあるのかな?

印刷業界の方も対処に苦慮されていたのではないかと想像します。

カレンダーついでに杉田塗装の新年営業予定(仮)

杉田塗装は2019年1月7日より本格始動。

1月5日に足場かけ等で一部営業いたします。

例年のごとく、問い合わせメールや電話は受け取れるようにしております。

(12月6日のソフトバンクの通信障害のようなことがあるとダメですが)

K版入手しました!(色見本帳)

日本塗料工業会の色見本帳の最新版、K版(2019年版)を入手いたしました!

どうですか、この立派な面構え!

 

2019年度版は654色。

2017年度版(J版)と比べて60色増えて、38色削除されているそうです。

(どれだかはまだ調べてません。)

最大の特徴は、つや消し色が36色用意されたことでしょうか。

内装用の頻出色との事なので、内装を手掛ける方からのご要望が多かったのではないかと思います。

 

今までの色見本帳は、どの色もツヤツヤ感があって、つや消しにしたイメージが湧かなかったり、ツヤを説明するのに苦労したりしました。

同じ色の見本板を何種類かツヤ別で用意したりとか。

ツヤありとツヤ消しを1冊で同時に見比べられるのは、ナイスアイディアだと思います。

 

外壁塗装、内装だけでなく、各種デザインを手掛ける方などにも必需品といえるこの一冊。

当社でも色決めや、既存色の抽出に大活躍。

メーカー純正色にない色を作るときには必須です。

 

お値段なんと2,650円+消費税。※冊子の背表紙に書いてある金額です。

塗装業の必需品ゆえに、関係ない人には高く、関係者には安く思えるかと。(個人的見解です)

 

興味のあるかたは是非お買い求めください。(宣伝)

なお、杉田塗装では販売しておりません。使う側です。

欲しい方は恐縮ですが塗料販売店やインターネット販売店などにお問い合わせください。

職人紹介ページ 更新です

職人紹介ページ、更新しました。

というわけで、リンクを張ってみます。

職人紹介

…今、自分のところのページのリンク張るとこういう風にでるのか。記事引用が楽ですね。

更新したのは顔写真だけです。イケメン揃い?(判断は個人にお任せします)

アイキャッチ画像には、代表して社長の顔写真を。

 

ここにいる誰かが、杉田塗装の塗装工事を担当します。

戸建てであれば、ほぼ100%です。

塗りに関しては自社職人による作業に徹底的にこだわります。

 

例外 塗装工事以外のプロの方。足場屋さん、防水屋さん、板金屋さん、サッシ屋、大工さん、瓦屋さんなどが多いです。

例外について補足

簡易な工事ならば杉田塗装でもやりますが、軒天を張り替えたり、破風板に板金を巻いたりするのは大工さんだったり板金屋さんの領域です。長距離のコーキングやベランダ防水ならば防水屋さんのほうが早くキレイで、電気工事などは資格も必要です。

もちろん、塗装工事に関しては当社がプロであり、仕上がりは誰にも負けません。

複数の職種が絡む工事は、施工管理が大変ではありますが、皆様の家を良い状態に直したいという目標のために頑張ります。

日本ペイントのGOOD JOBキャンペーン2018(その2)

また当たった!

 

日本ペイントのGOOD JOBキャンペーン2018(その2 9月末〆切分)

まあ、今回はダブルチャンス賞だから、実質一回はハズレたってことで。

(かなりの数のシリアルコード打ち込んだのに…)

それでもクジに当たったという事実があるというのはプチ幸福感。

 

今回の当選商品はコチラ!!

オリジナルヤッケでございます。

かなり薄手、だがそれがいい。

 

これから寒くなるシーズン。

外壁塗装の作業も、だんだんと寒さ・厳しさが増してまいります。

外に羽織ることも、インナーとして重ね着用にも使える、この手の衣類は重宝です。

 

職人から一言。

「うちの社員分、全部くれればいいのに」

・・・あと何百枚応募すりゃいいんでしょうか。