加須市H様邸 セミフロンスーパーマイルドⅡでダブルトーン仕上げの外壁塗装!

明るめの色のダブルトーンで、外壁のイメージが一新!

ビフォアは、大分色褪せと、コーキングの痛みがあり、屋根も結構コケが生い茂っている状態でした。

ベージュ色と、グレー系の目地で外壁のデザインを一新!

 

使った塗料はいつもの、セミフロンスーパーマイルドⅡの色違いを2種類。(別メーカーの色でしたが調色してくれました)

試し塗りしてテストした甲斐がありました。

 

屋根はセミフロンスーパールーフⅡのブラック。

しっかりとコケを落とし、タスペーサーも入れて塗装させていただきました。

 

 

久喜市のM・A様邸 エスケー化研のアートフレッシュで塗装いたしました!

弾性リシンの吹付けしてある外壁に、エスケー化研のアートフレッシュで塗装いたしました!

もともとの外壁が、「エスケー化研」のアクリルシリコン系弾性リシンを吹き付けて仕上げておりました。

課題が3つ

・リシンの風合いを残す塗料

・弾性リシンに適した塗料(熱ぶくれ等のリスク軽減)

・同リスクを軽減させる、色の濃さの選定

 

ともかく、「弾性リシン」=「ふくれが怖い」のイメージがあります

 

※弾性リシンが悪いというわけではありません。

下地のひび割れへの追従性に強く、小さな劣化ひび割れをフォローしてくれますし、見た目も独特の砂地のような風合いを出すことができます。

耐水性や耐アルカリ性に強いのも特徴です。

 

風合いを残すのと、同じメーカーでソフトリシンの塗り替えに適しているという理由で

「エスケー化研」の塗料「アートフレッシュ」

を選択しました。

リシンだったり、ジョリパットだったり、ザラザラ仕上げの壁に滅法強いという印象のある塗料です。

特に透湿性と、質感維持の面で、課題をクリアすることができました。

 

色は、現状よりちょっと濃いめの「K21-70D」。

2019年の日本塗料工業会の塗料用標準色(K版)に採用されたばかりの新色です。

この色とぴったりの家や外壁はこの1年間にしか生まれていない色となります。

※杉田塗装でも初採用。

 

ちょっと濃いめ、帯板なども褪せた色から濃色へ塗り替えたことにより、重厚感を取り戻したという仕上がりに感じます。

遠景写真のみで恐縮ですが、リシンの風合いを損ねることなく仕上げることができました。

 

お客様からアンケートいただきました。


当社を知るきっかけ…インターネット

プラン・工事進捗・マナー・仕上がりに満足評価いただきました。(お値段は普通評価…頑張ります

当社ホームページ参考度…やや参考になった

当社を選んだ一番の決め手…事前協議、見積もりの時の対応で、誠実な工事をする会社と確信できたので。

 

施主様よりコメントいただきました。

今回の塗装工事を御社にお願いしたことを大変良かったと思います。

理由

・見積もり依頼から発注まで誠実(社長には仕様や色決めでうるさいお客だなぁと思われたのでは)に対応してくれた。

・工期を無理しない(予定した時期に無理矢理着手して品質を損なわない姿勢)

・担当職人さんの仕事に対する真摯な姿勢(確かな技能と細部への気配りができる)

以上の結果、思い描いたイメージ通りの塗装工事ができて大満足です。

社長はじめ、スタッフの皆さん、ありがとうございました。


コメント返し

アンケートありがとうございます。

仕様は、お客様の希望やお値段、そして外壁の状態に合わせて決めていきます。

納得のいく仕様が組めたこと、イメージ通りの仕上がりになったこと、安心いたしました。

K21-70Dは今まで例のない色でしたので、気に入っていただければ幸いです。

(うるさいお客ってイメージはなかったです。きちんと勉強されている方という印象=家のことを大事に思われている方、という印象で、塗装屋として特に親身になってあげたいと思えます。お客様とのお約束4より)

工期については、多少言い訳になってしまいますが、2019年の台風19号と大雨で、下四半期の予定がみんなスライドになってしまったことが原因です。

無理しないで春でいいよ、と工期変更に応じていただき、本当にありがとうございました。

(工事詳細あり!)久喜市 Y様邸 セミフロンスーパーマイルドⅡで外壁塗装完了いたしました!

濃いめの仕上がり! クリヤーの光沢! セミフロンのツヤ感をいかんなく発揮した仕上がりになりました!

外壁塗装・屋根塗装、両方行いました。

写真について解説から。

ビフォアは春の午後4時台、西日の強いときに取りました。

拡大するとよくわかりますが、日の明るさのわりに光沢が見られません。

 

そしてアフター写真。夏の午後5時台の撮影。

少し薄曇りで、ちょっとだけ赤みが差してきた弱目の光源において、発揮されているツヤをご覧ください。

特に1階のタイル調の窯業系サイディング。

しっとりとしたツヤ感が、非常によい感じです。

 

多彩模様でプリントされたサイディングの風合いを残すために、セミフロンスーパーマイルドⅡクリヤーを選択。

2階は濃いめをご要望ということでセミフロンスーパーマイルドⅡの調色仕様で仕上げました。(19-50B)

 

別角度からもう一枚。

光量の違いだけではなく、ぐっと落ち着いた雰囲気は、やはり濃いめに塗装をしたから生まれる重厚感です。

ビフォアの明るさは、ある種白亜化して白っぽくなってしまっているのが要因の一つです。

南面、よく日の当たるところから白っぽくなっていくのは、どんな住宅でも宿命です。

屋根もセミフロンスーパールーフⅡで施工。純正色SC-44(コーヒーブラウン)で仕上げております。

 

施工中情報の掲載ご許可をいただいておりますので、工事中の詳細を。

屋根、一部こんな感じではがれや欠けがありました。

致命的なものではないですが、やはり見た目が悪いので補修。

使ったのは、ブログでも少しご紹介したタスマジック。

しっかりと補修することができました。強度も十分です。

 

ちょっとショッキングな写真を。中々ない例ですので掲載いたします。

施工前のベランダ下部。このように剥がれが生じてしまいました。

推定ですが、サイディングの小口の部分からの吸水が原因かと思います。

下の金物と、サイディングの隙間から、雨水が入りやすい構造なのかと思います。

(毛細現象と呼ぶにはちょっと広いかもしれませんが、入り込みやすいかと)

 

正直、塗装工事で収まるものではありません。

お手当てをしないサイディングの末路は、このようになってしまうという例の一つかと思います。

※今回は、構造上の欠陥と推測されます。サイディングの弱点を水攻めするのを助長してしまったのかと。なお、決してお客さまが悪いわけではありません。

 

ともかく、このまま放っておくわけにもいきません。

板金屋さんと作戦会議して、サイディング板の一部交換と雨水対策を決行します。

 

腐食した板を撤去して…

防水紙をしっかり張り直します。

 

小口に水切り取り付け。これで小口部分は水切りに守られます。

 

同様のサイディングが欠番のため、帯板をいれるという作戦を取りました。

デザインとして違和感のないものをチョイス。

 

取付完了。

これで塗装工事に取り掛かることができるようになりました。

 

今回は一部分、ピンポイントの交換で済みました。

これが、例えば北面一面まるまる交換なんてことになると、金額がかなりのものになります。

今回は構造上の問題にて引き起こされた悲劇ですが、塗装をしない窯業系サイディングは、結局経年劣化と吸水で同じようになってしまいます。

それを防ぐために、塗装工事がありコーキング工事があります。

壁が劣化する前に塗装工事を行うことが、家を長持ちさせる秘訣です。

 

長くなりましたが、最後にお客様アンケートと仕様公開を。

評価

打合せと進捗・工期、マナー、仕上がりが満足評価。(満点)

カラーシミュレーション参考度と、お値段が、やや満足評価(5段階中4点)

非常に高い評価ありがとうございます。


当社を知るきっかけ

A.口コミ、近所

 

ホームページの参考度

A.参考になった

 

当社を選んだ一番の決め手

A,誠実な対応

 

コメント

とても丁寧な作業を行っていただきました。安心してお任せ出来ました。大満足です。ありがとうございます。

仕様

外壁・・・セミフロンスーパーマイルドⅡ(1階はクリヤー)

屋根・・・セミフロンスーパールーフⅡ タスペーサー、タスマジック補修付き

付帯部・・・ファイン4Fセラミック

コーキング・・・オートンイクシード

ベランダ床のトップコート、外回りの擁壁の洗浄なども行いました。

群馬県板倉町 A様邸 セミフロンでの外壁屋根塗装工事完了いたしました

KFケミカルのセミフロンスーパーマイルドⅡとセミフロンスーパールーフⅡで、色鮮やかに、ツヤ良く仕上げました

塗装内容 外壁・屋根 延床坪  約34.5坪
施工日数 約3週間 使用塗料  セミフロンスーパーマイルドⅡ

セミフロンスーパールーフⅡ

 

遠景はそれなりにキレイな住宅も沢山ございます。

経年劣化が目立たないというか、近づいてみないとわからない部分もあります。

ですが…

雨樋のバンドが錆びてきたり…

コーキングの切れている部分が出てきたり…

軒天に汚れが目立つようになったり…

FRPのベランダのTOPコートにヒビが見えてきたり…

 

これらは、お住まいの方の責任では全くありません。

経年劣化という、どんな住宅でも避けては通れない部分です。

 

それらをキレイに改修することが我々、外壁塗装店の仕事です。

樋持ち金具はステンレスバンドに交換。

樋そのものも、ファイン4Fセラミックで塗る贅沢な仕様です。

コーキングはこだわりの後打ち仕様。オートンイクシードなので耐久性抜群。色合わせも上等です。

また、外壁のツヤも非常に良い感じです。さすが無機有機のいいところを集約したセミフロンスーパーマイルドⅡです。

これが長年色褪せることがないのだから、杉田塗装もイチ押し塗料にしております。

軒天も白く、穏やかにきれいになりました。軒天といえばケンエースGIIです。

ベランダもFRPを一部改修。トップコートをかけて、ひび割れゼロ。防水性抜群です。

屋根も非常に良い光沢をしております。セミフロンスーパールーフⅡで塗装しました。

外観、遠景も非常によく変わりました。

色のマイナーチェンジもありますが、塗装前は、やはりなんとなく「くすんでいた」感があったことが、比較してよくわかりました。

セミフロンスーパーシリーズでの塗装なので、今後長期にわたりこのきれいな状態が続いていくことでしょう。

埼玉県久喜市 M様邸 ガイナでの塗装完了いたしました

日進産業株式会社のガイナで、夏の暑さを軽減! 外壁も屋根もガイナを塗ることで、断熱効果が体感できました!

塗装内容 外壁・屋根 延床坪  約33.5坪
施工日数 約3週間 使用塗料  ガイナ

お客様のご要望もあり、断熱セラミック塗材、ガイナで屋根と外壁を塗装しました。

日進産業株式会社様のホームページはコチラ

http://nissin-sangyo.jp/

ガイナの効能が非常に多くまとめられております。

 

色味は、前回の元の壁色に合わせて作成。屋根は断熱効果を考え、白に近いグレーで塗装。

少し褪せていた外壁も屋根も、外観は非常にきれいに仕上がりました。

屋根、壁の完了写真です。

普通の塗料よりも、少し厚みのある感じに仕上がります。

 

また、特筆すべきは断熱効果です。

夏の時期に塗装を終えたのですが、ご感想を聞いてみたところ、やはり室温が4度から7度ほど下がり、非常に快適との事でした。

今度は冬の寒さに対して、どのくらい効果を発揮してくれるか楽しみです。

埼玉県加須市 K様邸 外壁塗装・屋根塗装完了いたしました

埼玉県加須市 K様邸 外壁塗装・屋根塗装完了いたしました

白っぽい単色から、温かみのある薄めの赤系統が入った色合いに、ベランダのアクセントを入れました。

単色の色使いですと、単調になってしまう場合も多々ありますが、このようにベランダを強調することで趣が生まれます。

さりげなく、上部の格子も色を変え、既存のアルミサッシの白、壁の赤、ベランダや格子、屋根・破風板・樋の黒が共存するデザインへと生まれ変わりました。

 

埼玉県K市 K様邸 セミフロンでの外壁塗装完了いたしました!

セミフロンスーパーマイルドⅡで、1Fと2Fを塗り分けいたしました。

塗装内容 外壁 延床坪 約30.5坪
施工日数 約3週間 外壁塗料 セミフロンスーパーマイルドII

帯板をデザインされている住宅も近年増えております。

その場合の塗り替えデザインは、上下で色を違うものにすることも多々あります。

暖色系デザインの色となり、(撮影時が夕暮れなのを差し引いても)温かみを感じられる住宅になりました。

外壁には、当社の主軸の一つでもある「セミフロンスーパーマイルドⅡ」、軒天に「ケンエースGⅡ」、各種役物には「ファイン4Fセラミック」。

ベランダのトップコートや、水切り部材取り付け、ステンレスバンドの交換もさせていただきました。

コーキングは、当社のこだわりである後打ちで、「オートンイクシード」を使用いたしました。

 

アンケート、コメントをいただきました。(高評価ありがとうございます。)


色々な面で、とても親身に対応してくださり、相談にも乗って頂いて、とても感謝しています。

職人の方々もまじめに仕事に取り組まれていて、安心してお任せしていられました、どうもありがとうございました。

加須市 K様邸 外壁塗装完了いたしました

白亜化をしたベランダ壁を、ダブルトーンできれいに蘇らせました。

 

現状色だったり、建てられた頃の色に戻すことをお客様にお願いされることも結構多くございます。

クリヤー塗装が間に合うのならばそれでも良いのですが、新築時や前回の外壁塗装の塗料が白亜化をしてしまいますと、そうもいきません。

特にベランダなどは日当たりが良い分、どうしても色褪せが先行して起こりやすいものです。

 

今回は、色褪せがしてない部位から元の色を推測し、目地色を入れることで、色味は新築のころを蘇らせ、かつクッキリとしたデザインに仕上がりました。

使用したのはKFケミカルのセミフロンスーパーマイルドII。

日の当たりが強い場所は、やはり高耐候の塗料が適していると思います。

ほかの外壁部分も同じ塗料ですので、長期の日の当たりにも耐えられることでしょう。

古河市 M様邸 塗装完了いたしました!

ニューアールダンテ吹付仕様にて、 邸宅のイメージをガラリと一新!

【M様邸】beforeimage1 【M様邸】after

建物 戸建 延床坪 27坪
施工日数 約2週間 施工内容 ニューアールダンテ吹付仕様

白寄りのグレーの下地から、劇的なイメージチェンジ。あたたかみのあるレンガ色となりました。

ALC下地の上に塗装ということで、塗料メーカー様とも確認しながら最適解を出した結果が実を結び、施工者としても安心しております。

1F、2F、帯板とも、シーラーW→シーラレスカラー→ニューアールダンテ2回、と丁寧に塗装させていただきました。

破風板、樋、水切りなど付帯部は、フッ素仕様のファイン4Fセラミックで黒を基調に仕上げております。