埼玉県蓮田市 T.M様邸 ダイヤモンドコートでグレーと白を基調とした仕上がりで塗装いたしました!

ダイヤモンドコートプレーンシステムで外壁を仕上げ、付帯部を色々変更いたしました。

間違い探しではないですが、パッと見て色以外の部分で違いが分かった人は中々鋭いです。

正解は・・・ブロック塀の高さです。(計測時と、塗装準備で訪問したときで違っててびっくりしました)

 

では、本題。

付帯部の変更はお客様たっての希望でした。

全体写真からではわかりずらいので、ビフォア写真から一部抽出。

白いものが見えてしまっております。

お客様からお聞きした話では、建てた当初は白で、1度目の塗装工事の際に黒に塗り替えたそうです。

それから幾年月。

薄くなったのか、溶けだしてしまったのか、透けてきちゃった!?

※経年劣化で下地が見えてしまうことはあります。その際に色が同じだと目立ちませんが、全然違う色だと写真のように出てしまいます。

 

というわけで、付帯部を建てた当初の白に変更!

そのため、壁色は今までより濃くなっているのに、全体的に明るい雰囲気となりました。

 

外壁は日本ペイントのダイヤモンドコート、樋や破風も同じく日本ペイントのファイン4Fセラミックで仕上げておりますので、今度はそう簡単には劣化しないと思います。

屋根はこれも日本ペイントのサーモアイ4F。遮熱効果の高い、太陽熱高反射のフッ素塗料です。

クールダークチョコレートが、全体を引き締めるアクセントとして良いバランスです。

ダイヤモンドコートの1年点検、3年点検の際に、変わりなく保たれていることを願います。

 

アンケートいただきました。ありがとうございます。

プラン提案、マナー、仕上り満足度を最高評価、カラーシミュレーション、工期、お値段についても2番目に良い評価をいただきました。

当社をお知りになったきっかけ ・・・ インターネット、タウン誌・電話帳などから

当社ホームページは参考になりましたか ・・・ やや参考になった

 

当社を選んでいただいた一番の決め手

塗装面積が、他工務店と大きく違い、自分達で計算したときに杉田塗装が近かったことで信頼した。

※補足とお礼 図面をお貸しいただいた際には、計測シミュレーションソフトで面積をしっかり計算いたします。計算した甲斐がありました。誠にありがとうございます。(計測も担当しているHP管理者より)

 

コメント

担当していただいた各職人さんは、いずれもテキパキと気持ち良く作業していただきました。

伊奈町のN様邸、外壁をダブルトーン塗装で一新!

好評のダブルトーン塗装の施工事例を見て、N様邸でも採用していただきました。

2018年11月に施工。

かなりのイメージチェンジですが、高級感を損なうことなく仕上げることができました。

元のデザインが重厚感のあるレンガ調。これをガラっと変えていくのは、お客様にとっても、施工会社にとってもなかなか勇気のいる選択でございます。

サイディングボードの状況などもあり、思い切った選択をいたしましたが、結果大成功でした!

 

使用した塗料は、もはや杉田塗装の定番プランとなったセミフロンスーパーマイルドⅡ。

最高級の無機有機ハイブリッドの塗料が定番というのも、よく考えれば凄い事ですね。

加須市 R・T様邸 セミフロンでダブルトーン仕上げ!

上記の加須市のR.T様邸の仕様をベースにして、塗装いたしました。

実は、当社を選んでいただいたキッカケなのですが、杉田塗装のホームページのR.T様の施工事例を見て、さらに現地を見ていただいたことで、当社を非常に気に入っていただいたという経緯であります。

 

N様邸は、ツヤを抑えて、マットな仕上がりに。

これまた、非常に良い仕上がりです。

ツヤで迷われるお客様もよくいらっしゃいますが、施工事例を見比べていただくのも一つの手かと思います。

セミフロンでのダブルトーン、ツヤありもマットもどちらも高級感があります。

(かえって迷ってしまうかも!?)

 

セミフロンスーパーマイルドⅡのプランには、使用するコーキングをオートンイクシードにして、超対候性のコンビネーション。(このコンビネーションも、もはや杉田塗装の定番です)

この景観が長く保たれることを願います。

 

アンケートも最高評価をいただいております。

※取りまとめ次第公開いたします。

大変ありがとうございました。

白岡市 F様邸 クリヤー塗装で色合いを取り戻しました!

セミフロンスーパーマイルドⅡクリヤーで、新築時の風合いを取り戻す!

クリヤー塗装の真骨頂、既存の多彩柄の復旧が今回の課題でした。

これを単色で塗ってしまうと、きっとのっぺりとした味わいにしか塗り上がらないかと思います。

 

クリヤー塗装の問題はタイミング。

色褪せが進みすぎてしまうと、いくらクリヤーをかけても色味が戻らないことがあります。

今回は非常にうまくいきました。

写真でもわかる、色の濃さの違いがその成果です。

メインはセミフロンスーパーマイルドⅡクリヤー。

シャッターボックスや樋などの役物にはファイン4Fセラミックの仕様です。

 

一部、サイディングに不具合があったのをご紹介。

ペリペリに…

上部の窓からくる湿気などが原因かと。

結局、一部分ですがサイディング張り替え工事をすることになりました。

見づらいけど右奥の窓の下部。(少し色が違います)

目立たない場所とはいえ、違和感なく仕上がったかと思います。

 

お客様アンケートをいただきました。

当社を知った経緯…昔からの付き合い

プラン、工期、マナー、仕上がり、お値段…満点評価(カラーシミュレーションは不使用)

当社HPの参考度…最高評価

当社を選んだ一番の決め手…社長の人柄

コメント

今回の工事では屋根の予期せぬ出来事があり、ご迷惑もおかけしましたが、色々とアドバイスもいただき無事きれいな仕上がりとなり、大変満足しております。ありがとうございました。

コメント補足・・・屋根がパミールというスレート瓦でした。ミルフィーユ状になってしまう現象が起きてしまっている症例が全国であり、F様邸でも同じような状態でした。当社も参考資料として屋根に登ったときの動画をyoutubeにアップロードさせていただいております。メーカー様や建てられた工務店様によって葺き替え対処されました。(せっかくなので足場あるうちにやったほうが効率もコスト面もよいので当社も工期を延ばして協力対応。関係された皆様、お疲れ様です。)

杉戸町 T.S様邸 セミフロンスーパーマイルドⅡで外壁塗装いたしました。

セミフロンスーパーマイルドⅡにて、色良くツヤ良く仕上がりました。

最近の住宅の主流であるアイボリーホワイト系ですが、セミフロンシリーズは、そのアイボリー系などのやや淡い系の色が得意かもしれません。非常に良い色味で仕上げることができました。

KFケミカルの純正色一覧も、壁は淡い色系が豊富です。屋根は濃いめのラインナップが多いです。

 

壁色は日塗工番号の25-85A、ツヤありで塗装しました。

破風板や、雨樋、シャッターボックスなどは、ファイン4Fセラミックの黒。5分ツヤで抑えることで、壁との対比、塩梅が程よい仕上がりです。

参考までに、壁と付帯部の塗装状況を比較できる写真を。

施工中の写真ですが、非常に良い色味とツヤのバランスだと思います。

役物も丁寧に仕事させていただきました。

(当初の施工予定にはない部分ですが、屋根の部分補修もさせていただきました)

 

施主様よりアンケートご協力いただきました。ありがとうございます。

(満点評価、ありがとうございます!)

 

Q. 当社をお知りになったきっかけ

A. インターネット

 

Q. 当社を選んでいただいた決め手

A. ダイヤモンドコート認定施工店であること。完全自社施工であること。職人さんの紹介。

 

お客様コメント

途中工程3回、完成後1回、足場に入り自分でも確認しました(屋根を含む)

細かな、ていねいな仕事でした。

ありがとうございました。

(余談)

杉田塗装の看板シート、足場撤去まで可でしたが、早々になくなってました。

※余談の補足 数日間強風の日もあったため、早々に退避させていたのかもしれません。

埼玉県さいたま市 Y・T様 パワーオーデフレッシュFでの塗装工事完了いたしました!

日本ペイントの超低汚染水性2液形フッ素樹脂塗料「パワーオーデフレッシュF」で、ふくれ対策を考慮した塗装工事を施工しました。

 

塗装内容 外壁(1F)・基礎 延床坪 約14.25坪(1F)
施工日数 約2週間 使用塗料 パワーオーデフレッシュF

ジキトーンセラローラー

今回は、少し特殊な住宅塗装工事でした。

 

塗膜のふくれは、濃い色の塗料で生じやすいものが中にはあります。

壁の素地と、塗料の相性・色などが、前回の塗装が組み合わせのあまり良くないもののようでした。

 

ふくれの原因の一つに熱があります。

濃い色は光を吸収し、熱を持ちやすく、素地や塗膜に熱がこもり、塗膜が柔らかくなり、空気や水蒸気で風船のような現象が起き、膨れてしまうわけです。

冷めれば固まりますので、壁と塗膜にできた空胞が隙間となり、硬くなった塗膜は簡単に割れてはがれてしまいます。

 

結果・・・こうなります。

塗膜がふくれ、剥がれ落ちたところは素地が見えてしまっております。

これで即座に壁がダメになるわけではありませんが、放っておけばここから傷んでいきます。

 

そこで当社に白羽の矢が立ちました。

膨れ発生確率を抑えるために、薄い色での塗装です。

使用した塗料は、日本ペイントの超低汚染水性2液形フッ素樹脂塗料「パワーオーデフレッシュF」。

ふくれ除去、目地の深さなどで手間はかかりましたが、きれいに仕上がりました。

壁はきれいに仕上がりましたが、今回はお客様のご要望もあり、基礎のコンクリート部分にも塗装いたしました。

日本ペイントの石材調模様仕上げ塗材「ジキトーンセラローラー」で仕上げました!

味気ない基礎コンクリートも、この「ジキトーンセラローラー」のおかげで良いアクセントになり、全体的に単色ながら、色の対比や収まりがいいバランスに仕上がったと思います。

 

お客様からのアンケートになります。

1.当社をお知りになったのは

インターネットから

2.プラン提案、カラーシミュレーション、工期、マナー、仕上がり、値段

六項目すべて満点評価です。

3.ホームページの参考

参考になった(A~E評価のA)

4.当社を選んでいただいた一番の決め手

塗装技術に対し安心感がある。1回目の打ち合わせで決めた。

お客様のお声、コメント

友人に自信を持って紹介できる。また塗り替えする時も是非お願いします。

 

最上級の評価、ありがとうございました。