クリスマスケーキ(社長からのプレゼント)

毎年、梅林堂加須店様の冷蔵庫を圧迫する杉田塗装恒例のクリスマスケーキの大人買いです。

https://www.bairindo.co.jp/shop/detail.php?shop_id=36

※梅林堂加須店様のリンク

社員全員分。

当然ですが、事前に予約注文しております。

 

今年は新型コロナの影響で忘年会とかも中止ですが、テイクアウト系は実施しております。

ただし、例年に比べると少な目かな。

(そうそう大量に食べるものでもなし)

 

それでもとびきり大きいスーパー生デコ10号って…誰だ、こんなの頼んだの!w

 

トリビアですが、ケーキとかの「号」って、なんとなく大きさを表す単位なのはわかりますが、いったい何でしょう。

(NHK某人気番組的に言うと、筆者はつまんねーヤツです。)

 

答えは…直径の長さです。1号が約3㎝

10号だったら直径約30㎝。

なお、円なので、長方形型のケーキには「号」は使いません。

 

円の面積に換算しますと、

円面積=半径×半径×円周率(とりあえず3.14)なので

 

6号…直径18㎝→半径9㎝→面積は9*9*3.14で約254㎝2

7号…半径10.5→10.5*10.5*3.14で約346㎝2

8号…半径12→約452㎝2

9号…半径13.5→約572㎝2

10号…半径15→約706㎝2

 

二次関数のグラフのように増加しております。(当たり前か)

 

とりあえず、6号と10号で円面積で約2.8倍の差があるということで。

ざっくり3個分ちょっと欠けぐらい。

ケーキ6号を3個買うか、10号を1つ買うか、検討される機会がございましたらご参考までに。

 

なんか「牛丼並盛3個と特盛とどっちが得か」理論で話をしてしまいました💦

 

とりあえず、ケーキに感謝を込めて、年末年始にトラブルなく、無事に新年を迎えられることをお祈りしながらいただきます。

(ちなみに筆者はダブルモンブランをいただきました)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。