ゲリラ豪雨や線状降水帯にご注意ください

本日は台風により、杉田塗装、規模を縮小して営業しております。

 

9月8日、台風13号は温帯低気圧に変わりました。

でも、気圧や風速などの条件で名称変わったって、豪雨で被害を与えるのは変わりません。

台風情報を見たら、台風は発生していませんとだけ表示する某大手のお天気サイトは、なんか対策を考えてください、と言いたいところです。

 

朝の加須市は、地面も少し濡れているくらいで、だいぶ乾いており、何ともないじゃないかという思いも少しありました。

しかし、9時過ぎから、10時半くらいまで、雷鳴もまざる大雨でした。

会社の前に、小さな水路があるのですが、あふれるんじゃないかと思うような雨でした。

現在、10時45分、かなり小ぶりになりましたが、レーダーを見るとまた赤い表示の雨雲がくるみたいです。

 

去年、常総市などに大きな被害をもたらした豪雨もこんな感じだったのかと思うと怖いものがあります。

いきなり降り出しますので、今日一日は十分警戒してください。

と、書いていたらまた大雨がきました。

 

当然ながら、降雨量が多ければ、ひび割れや劣化した外壁から浸水する可能性も高くなります。

少しの水分量の浸透でも、繰り返せば、建材の強度を低下させることは十分考えられます。

大雨を機に、皆様のお宅の状態が大丈夫かどうか確認するのも、家を長持ちさせる一つの手段です。

ご自身でチェックしてみて、あるいはリウォール診断士などに確認してもらうこと、ご検討ください。

当然、杉田塗装でもOKですよ。

(くれぐれも、大雨の中でやらないでください、危険です)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。