建設国保のメタボ対策に参加しました

「メタボ」・・・いやな響きだと感じる人も多いと思います。

言い方かえりゃ、日本三大悪口のひとつですから。(勝手に考えました)

 

そんなメタボリックシンドロームや予備軍の方々を対象に、建設国保のほうからご指導をいただく機会がありましたので、当社該当者が参加いたしました。

やはり指摘が多かったのが、「間食、ラーメン、白飯」という、食事量でした。

総摂取カロリー数から、生命維持に必要な分(代謝)と活動した分を引いて、+なら太るし、-なら痩せる。

まあ、ごくごく単純な計算式ですが、年齢とともに代謝が悪くなっていくので、総摂取カロリーと運動量が同じでも、太りやすくなるので要注意だそうです。

そんなわけで、総摂取カロリーをいかに減らすか、言い換えれば、食べるものに注意すれば良いということです。

 

・・・人間の3大欲望の一つが、そう簡単に押さえつけられるわけない!!

って人のために、建設国保の方から、定期電話連絡のサービスがあるそうです。

半年後に参加者がどうなっているか、今から楽しみです。

 

資料と、サービスでウエスト測定用のメジャーをいただきました。

IMG_1102_R

講師のかた、ご指導いただきありがとうございました。

 

なお、誰が参加したのかは、個人情報につき伏せさせていただきます。

※気になる方は職人紹介から推測してみてください。

ブログ執筆者がなんで内容について詳しいのかは、ご想像にお任せします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。