加須市の店舗兼住宅アパートをダイヤスーパーセランフレックスで塗装いたしました!

株式会社ダイフレックスのダイヤスーパーセランフレックスで加須市の店舗兼住宅のアパートを塗装しました!

杉田塗装の施工事例では初登場となる、株式会社ダイフレックスのダイヤスーパーセランフレックス。

ALCパネルへの塗装には、塗膜のふくれや剥離などの可能性を検討しなくてはなりません。

・柔軟性と透湿性を兼ね備えつつ、長期にわたり性能が保持されること

・1階には店舗が複数あり、飲食店・美容室・整体と、お客様の出入りも多く、においについてはなるべく少ないほうがいい。

・ALC用の仕様が公式で組まれていて、専用の下塗り塗料がある

などの条件から、今回はダイヤスーパーセランフレックスを選択しました。

場所は埼玉県加須市にありますリバーハイツという店舗兼アパートです。

 

無機成分を多く含有しながらも柔軟性と透湿性があるため、オーナー様の希望もあり濃いめの色選定が可能となりました。(熱ぶくれリスクが高まるため、ALCの条件では、普通の塗料の場合あまりお勧めしない色です)

建てられた当初は、塗装前写真よりかなり濃かったそうですが、色褪せがひどく、かなり白っぽくなっておりました。それを甦らせるイメージで選定したのが、日塗工番号22-30Bという、こげ茶に近い濃色です。

結果、ぐっと引き締まったイメージとなりました。

黒に近い色ほど、引き締まるイメージを人間の視覚は持ちます。

(反対に白に近いほど膨らみを感じるそうです。膨張色といいます。服のコーディネートにお役立てください)

 

施工前写真より。膨れて剥がれると、こんな感じです。

旧塗膜が熱ぶくれで素地との密着性がなくなり、ぺりぺりと…塗装業者から見たら恐怖の写真です。

南面の日に当たる部分で、ALC下地と塗料のミスマッチか、許容範囲を超える高熱や水蒸気が原因となることが多いです。

当然ですが、きっちりお手入れして、塗装いたしました。

ダイヤセラトーシツプラスで下塗りをしっかり入れて、ダイヤスーパーセランフレックスで中塗り・上塗りしております。

 

サビの出てしまった金属屋根も、錆止めから塗装、ボルトキャップまで取り付けて仕上げました。

屋根塗料は日本ペイントのファイン4Fルーフです。

 

痛みのある共用の廊下や、各部屋のベランダは防水工事が必要でしたが、無事完了。通路の半分ずつを施工することで、生活には支障が出ないようにいたしました。(それでもお住まいの方にはご迷惑をおかけしました)

 

杉田塗装は、住宅塗装だけでなく、小規模な集合住宅や店舗も施工いたします。

ご参考になれば幸いです。

加須バッティングセンターの外壁を塗装させていただきました!

セミフロンスーパーマイルドⅡで加須バッティングセンターをグリーンカラーに塗装しました!

野球場って緑のイメージがします。フェンスといいバックスクリーンといい、芝の色といい。

 

2019年初仕事として、加須市志多見にあります、加須バッティングセンターを塗らせていただきました!

国道125号線沿い、国道122号と交わる志多見交差点から西に少し行ったところにあります。

 

施主様の希望色の緑で、外壁を深い緑色で仕上げております。

横長に長く続く建物は、広い駐車場と相まって、さながら野球場のような風合いを見せてくれます。

窯業系や金属系など、下地は違いますが、セミフロンスーパーマイルドⅡで塗らせていただきました。

施主様もご納得いく塗り具合は、杉田塗装の職人の技術です。

 

シミュレーションではなかなか風合いが掴みづらく、色決めにご苦労をおかけしましたが、良い色合いに仕上がったと思います。

(やはり塗り板確認というのが非常に重要ですね)

ぜひ、多くの野球少年、野球人、お客様にご来店いただき、この外壁の仕上がり見ていただきたいと思います。

久喜市、K様邸 および アパート 塗装完了いたしました。

セミフロンスーパーマイルドⅡとセミフロンスーパーマイルドⅡクリヤー、両方の良さが際立ちます。

建物 特殊 延床坪 約51坪
施工日数 約3週間 施工内容 セミフロンスーパーマイルドII(2F)・同クリヤー(1F)

2FをセミフロンスーパーマイルドⅡで色付け、1Fのサイディングはクリヤーで塗装しました。

ツヤありなので、新築のような仕上がりになっております。

鉄骨階段や各種役物にはファイン4Fセラミックを塗装。

ドアノブ交換や、配管バンドの交換なども行いました。

アパート部分もありまして、住民の方や不動産会社へのご説明やご協力の要請などもありましたが、無事完了することができました。ありがとうございました。

木部のエイジング塗装を行いました!(内装工事)

Q.エイジング塗装とは?

A.経年したかのように見せる塗装です。

新品の木材であっても、あたかも数十年~数百年経過したアンティークのような風合いを持たせる技法です。もちろん、金属やモルタルなどにも用いることができます。

今回は、木造の棚や戸棚、内装の木部にエイジング塗装を行いました。

ツヤツヤの木部が、みごとに白化しました。

棚も前から置いてあるような感じに。白い色なので、よくある汚れや朽ちるような感じではなく、上品に経年劣化したかのような感じです。

木目を生かして塗装しました。

塗りたてなので、落ち着けばもっと味のある風合いになるでしょう。

 

杉田塗装は、外壁塗装がメインですが、埼玉県内の店舗や住宅の内装も実績がございますので、ぜひご参考にしてください。