加須市Y.K様 セミフロンスーパーマイルドⅡで外壁塗装完了いたしました!

ベランダから下を濃色にすることでイメージ一新! 素敵な仕上がりになりました!

セミフロンスーパーマイルドⅡの上下分けプランになります。

帯板で分けるか、ベランダで分けるか、あるいは…

今回は、素直にサイディングの種類で分けました。

 

施工前は、上下とも淡い系の色に、帯板や化粧板まで白系統。

それをSC-39(ニューワイン)系にすることで、モダンな仕上がりになりました。

屋根色はシックな風合いにまとめるため、SC-50(スレートブラック)を選択。

屋根用塗料は壁に合わせてセミフロンスーパールーフⅡです。

 

光沢も控えめにした(5分ツヤ)おかげで、非常に落ち着いた仕上がりとなりました。

 

久喜市T様邸 セミフロンスーパーアクアⅡで2色分けの外壁塗装!

色褪せたグレーから、濃淡2種類のブラウン系で仕上げました。水性塗料でもこの質感!

もとの外壁が、白っぽくなっていくのは、これはもう塗料の宿命です。

建てられた際も、一度塗装した後も、有機物は変質していくものでして。

 

タチの悪いもので、この白亜化は、いかにも経年劣化しましたよ、という風合いが出ます。

それを好む方もいるかもしれませんが、ほとんどの外壁は塗り替え時期の目安です。

 

くすんだ感じのグレーの外壁を、明るい茶色とアクセントの濃色にする方向で固めました。

領域分けで迷いが生じましたが、この形に落ち着きました。

 

使用塗料はセミフロンスーパーアクアⅡ。水性の無機有機ハイブリッド塗料で、当社の看板の一つ、セミフロンスーパーマイルドⅡの兄弟分みたいなものです。

(環境や外壁材で使い分けております)

当然ながら、セミフロンスーパーアクアⅡも対候性は数ある塗料の中でも最高峰ですので、色褪せはそうとう未来のお話です。

 

完了写真の中で、HP担当者のお気に入りの一枚がコチラ。

柱のアクセントと、玄関周辺の取り合わせが、非常にいいなと思いました。

付帯部(水切りとか雨樋)とかも、しっかり塗らせていただいております。

 

お客様からアンケートいただきました。(工事内容、全て最高評価ありがとうございます!)


当社を知るきっかけ…インターネット

プラン、カラーシミュレーション、進捗、マナー仕上がり、お値段…すべて最高の満足評価

当社HPの参考度…参考になった

当社を選ばれた一番の決め手…地元業者であり、自社職人一貫であることでしょうか。

 

コメントいただいております。

まず、初対面の時の礼儀正しさ、下見の時に玄関に入る際にきちんと靴を揃えるところなどを見て、信頼感を覚えました。

私の場合、最後まで色が決まらずご迷惑をかけてしまいました。

職人さんは、そんな時にもいやな顔をせず、親身になってアドバイスをくださいました。

作業に関しましても、実に丁寧に仕上げてくださいました。

正直、コチラが恐縮するほど、親切丁寧な仕事ぶりでした。

 

今回、杉田塗装さんにお願いして本当に良かったです。

ありがとうございました。


コメント返し

靴を揃えるところから見られていたとは…初対面って大事ですね。

(きっと社長の立ち居振る舞いかと思われます。筆者=計測担当は、とてもがさつなので、以後気を付けます)

 

色決めに関しては、こちらも参考のものの色味に中々たどり着けず、申し訳ありませんでした。

アクセントにも悪戦苦闘、というダジャレのようなフレーズが思い浮かんでしまいましたが、仕上がり具合を気に入っていただけたならば幸いであります。

職長のアドバイスと、職人の作業・仕上がり・仕事ぶりへの評価、ありがとうございます。

 

杉田塗装は、品質と仕上がりを最重要視しているため、お客様のご要望などによる変更は、可能な限りご対応しております。

6月という梅雨の影響を受けやすい施工でしたが、ご了解いただきありがとうございました。

加須市 I様邸 母屋と車庫をファイン4Fセラミックで仕上げました。

金属サイディングがメインの住宅を、日本ペイントのファイン4Fセラミックで塗装しました。

母屋は現状色を基準に。

車庫はガラっと色を変えて(濃くして)の塗装となりました。

 

塩ビ被膜されている、ちょっと特殊な金属板でしたので、専用の下塗りをチョイス。

※気づかないで、普通の金属用下塗りを塗ってしまうと、可塑剤などの影響で不具合が出てきてしまうことが…おっかないです。

試験施工して無事なのを確認してから塗装しました。

 

現状色で塗ると、ビフォアアフターの差がわかりづらいのが難点(母屋のほう)

でも、雨戸や雨樋、木部をしっかり塗りこむと、家がキリっと引き締まって見えます。

役物の塗装も重要なファクターだと、再認識いたしました。

 

車庫は外壁をぐんと濃く。

シャッターボックスからスラット(シャッター面を構成している金属の1枚ずつ)まで塗装。

デザイン性重視。

やはり金属サイディングには光沢ありがよく似合います。


お客様からアンケートをいただいております。(おおむね満足評価、ありがとうございます

  • 当社を知るきっかけ … 口コミ
  • プラン、事前協議 … やや満足
  • カラーシミュレーション … 満足
  • 工事の進み具合 … やや満足
  • 職人マナー … 満足
  • 仕上がり満足度 … 満足
  • お値段 … やや満足
  • 当社ホームページ参考度 … 普通

 

 

 

 

加須市の店舗兼住宅アパートをダイヤスーパーセランフレックスで塗装いたしました!

株式会社ダイフレックスのダイヤスーパーセランフレックスで加須市の店舗兼住宅のアパートを塗装しました!

杉田塗装の施工事例では初登場となる、株式会社ダイフレックスのダイヤスーパーセランフレックス。

ALCパネルへの塗装には、塗膜のふくれや剥離などの可能性を検討しなくてはなりません。

・柔軟性と透湿性を兼ね備えつつ、長期にわたり性能が保持されること

・1階には店舗が複数あり、飲食店・美容室・整体と、お客様の出入りも多く、においについてはなるべく少ないほうがいい。

・ALC用の仕様が公式で組まれていて、専用の下塗り塗料がある

などの条件から、今回はダイヤスーパーセランフレックスを選択しました。

場所は埼玉県加須市にありますリバーハイツという店舗兼アパートです。

 

無機成分を多く含有しながらも柔軟性と透湿性があるため、オーナー様の希望もあり濃いめの色選定が可能となりました。(熱ぶくれリスクが高まるため、ALCの条件では、普通の塗料の場合あまりお勧めしない色です)

建てられた当初は、塗装前写真よりかなり濃かったそうですが、色褪せがひどく、かなり白っぽくなっておりました。それを甦らせるイメージで選定したのが、日塗工番号22-30Bという、こげ茶に近い濃色です。

結果、ぐっと引き締まったイメージとなりました。

黒に近い色ほど、引き締まるイメージを人間の視覚は持ちます。

(反対に白に近いほど膨らみを感じるそうです。膨張色といいます。服のコーディネートにお役立てください)

 

施工前写真より。膨れて剥がれると、こんな感じです。

旧塗膜が熱ぶくれで素地との密着性がなくなり、ぺりぺりと…塗装業者から見たら恐怖の写真です。

南面の日に当たる部分で、ALC下地と塗料のミスマッチか、許容範囲を超える高熱や水蒸気が原因となることが多いです。

当然ですが、きっちりお手入れして、塗装いたしました。

ダイヤセラトーシツプラスで下塗りをしっかり入れて、ダイヤスーパーセランフレックスで中塗り・上塗りしております。

 

サビの出てしまった金属屋根も、錆止めから塗装、ボルトキャップまで取り付けて仕上げました。

屋根塗料は日本ペイントのファイン4Fルーフです。

 

痛みのある共用の廊下や、各部屋のベランダは防水工事が必要でしたが、無事完了。通路の半分ずつを施工することで、生活には支障が出ないようにいたしました。(それでもお住まいの方にはご迷惑をおかけしました)

 

杉田塗装は、住宅塗装だけでなく、小規模な集合住宅や店舗も施工いたします。

ご参考になれば幸いです。

埼玉県加須市のT.E様邸 外壁塗装・屋根塗装いたしました!

セミフロンシリーズで外壁も屋根も塗装! 超高耐候だから濃色にも自信あり! 加須市の北風にも耐えうる塗装です!

濃い色にガラっと変化させるのが、今回のご希望でした。

関東平野特有の空っ風と、周囲の田んぼ(加須市は埼玉県有数の米どころ)からの土煙による汚れを気にされる方が、杉田塗装のお客様には結構いらっしゃいます。

余談ですが、防風林というか、北西に垣根を設ける家も多々ございます。古い住宅などは特に多いです。

砂埃などの汚れと住宅の戦いは、防ぐか、目立たせなくするか、です。

 

塗装工事でできるのは、汚れ防止効果の高い塗料を使うか、色の選定です。

今回はセミフロンスーパーマイルドⅡを使用。最高級の無機有機の混合塗料なので、汚れにも強いですが、それでも壁の形状次第ではどんな塗料でも不安はあります。

 

そのため、今回は仕上がりも念頭に濃色を選択。濃い土汚れ・黒系は非常に目立たなくなります。

(白色系の土汚れは、塗膜の撥水性・親水性に任せます。最初は車のボディのように水玉状が出る可能性もありますが、親水性が発揮されれば目立たなくなる)

非常に濃い色(日塗工番号22-30B)ですが、セミフロンスーパーマイルドⅡの超高耐候性ならば、長期間色褪せせずに現状を保つことができるかと思います。

ツヤ有を選択していただいたので、さらに耐久力は維持できるかと。

濃い色にツヤ有のおかげで、光の加減や凹凸もあり、単色でもいろいろな表情を見せてくれます。

サッシ周りの色との統一感もあり、重厚感のある仕上がりになりました。

お庭が広いのも相まって、非常に存在感のある住宅に仕上がったと思います。

屋根もセミフロンスーパールーフⅡで仕上げました。(角度がなくて見づらいかと思いますが、SC-47ダークグレー色を選択)

コーキングもオートンイクシードの定番セット。

オートンイクシードは淡色系に強いのですが、濃色に合うコーキング材が純正色に少ないのがネックです。

しかし、この壁色にはAスタイリッシュブラックが合いますので後打ち施工できました。

(コーキング後打ちにこだわりのある杉田塗装だからこそ悩みの種でもあります。)

埼玉県加須市 Y・H様邸 セミフロンでの塗装完了いたしました

上下2色にデザイン変更、セミフロンスーパーマイルドⅡで仕上げました。

塗装内容 外壁・屋根 延床坪 約28.5坪
施工日数 約2.5週間 仕様塗料 セミフロンスーパーマイルドII

セミフロンスーパールーフⅡ

ベランダの下部が防火構造のようなモルタル仕上げになっております。

軒天の構造と段違いだったり、モルタルに真っすぐの線を引くことは非常に難しいため、デザインに苦慮いたしました。

色々案が出ましたが、1Fの軒天取り合いの部分で上下色分けで塗装いたしました。

領域分けで施主様と職人で色々相談した結果ですが、施主様に仕上がりをご満足いただける出来となり安心いたしました。

ベランダ下部の段差のある角で切る案もありましたが、最終的に壁とベランダの下部のところで領域分けしました。

 

塗料は、セミフロンスーパーマイルドⅡとセミフロンスーパールーフⅡ、付帯部はファイン4Fセラミックで仕上げております。

T様邸 ニッペパーフェクトシリーズカラーコンテスト2015 特別賞受賞!

日本ペイント パーフェクトシリーズにて、独特のフォルムとカラーリングが調和する邸宅に。

カラコン用ビフォア_Rimage1 カラコン用アフター_R

2015年度、カラーコンテスト応募写真につき、施工事例として公開が遅くなりました。

表題の通り、カラーコンテスト特別賞を受賞いたしました施工事例となります。

施主様はもとより、関係者の方々に、この場をお借りしてお礼申し上げます。

 

2015年度における自信作でありますが、色あいについては何度か調整協議させていただき、ご苦労をおかけしました。

元のデザインがユニークな形をしておりますので、そのフォルムを活かすカラーリングを検討し、塗装いたしました。

模型を使ってイメージをふくらますことができたのが、仕上がりに大きく影響したのではないかと思います。

 

パーフェクトトップは「1液水性ラジカル制御形ハイブリッド高耐候性塗料」と銘打ってあるだけに、耐候性に優れており、機能性も美しさも長期にわたって維持されていくと思います。

 

参考サイト ニッペ パーフェクトシリーズ カラーコンテスト2015

http://perfectcontest.jp/

全国規模のコンテストで受賞できたことを励みに頑張ります。

 

外壁

◆外壁①
下塗り パーフェクトフィラー
上塗り パーフェクトトップ 〈色番号〉ND-108 3分ツヤ
◆外壁②
下塗り パーフェクトフィラー
上塗り パーフェクトトップ 〈色番号〉KP185 3分ツヤ

その他(付帯部)

軒天:ケンエースGⅡ 〈色番号〉22-60B

下塗り

樋・破風:ファイン浸透シーラー

上塗り

樋・破風:ファインシリコンフレッシュ 〈色番号〉22-90B 3分ツヤ

 

K様邸 塗装完了しました

K様b K様a

建物 戸建て 築年数 11年 延床坪 31坪
施工日数 約3週間 施工内容 ダイヤモンドコートプレーンシステム

2種類のサイディングとモールからなる外壁の為、ダイヤモンドコートプレーンシステムとUVプロテクトクリヤー・ファイン4Fセラミックの仕様で仕上げました。新築時に近い色を選択されたので、ほとんど10年前の状態に戻した感じに仕上がりました。雨樋・クーラーホースカバー・シャッター・笠木・モール・水切り・付帯部分もフッ素仕様なので、自信を持っての引き渡しができました。

とにかく高耐久にこだわり、細部までフッ素仕様で仕上げました。配線を留めるバンドもすべてステンレスに交換し、サビ汁で外壁を汚さない様にしました。今から1年、3年後の点検を楽しみにしております。ありがとうございました。

さいたま市・K様邸 塗装完了しました

グレー系→ブラウン系に外壁を塗り替えて、家のイメージ一新!

さいたま市K様bimage1 さいたま市K様a

建物 戸建て 築年数 15年 延床坪 50坪
施工日数 約20日 施工内容 プレーンシステム

以前はグレー系だったお宅ですが、ツヤなしの落ち着いたブラウン系に塗り替え、イメージチェンジ成功です。施工後の点検は一年後・三年後ですが、日本ペイントとの連名保証なので、その点でも安心してお任せいただけました。

グレー系→ブラウン系とガラリと変化した外壁。色決めに時間を費やした分、お客様も大変気に入っていただけた事、うれしく思います。外壁・附帯部もツヤを落として新築のような外観に仕上げる事が出来ました。