赤十字の献血バスの屋根遮熱塗装、大規模プロジェクトに参画しております!

日本中央研究所株式会社のアドグリーンコートで赤十字血液センターのバスの屋根を塗装すると、どうなるか!?

 

当社でも施工事例で何度か取り上げました遮熱効果抜群の塗料、アドグリーンコート。

これを、赤十字血液センターの献血バスに塗装するというプロジェクトに、杉田塗装も参加させていただいております!

 

献血バスがいる場所を思い浮かべていただくと、駅前やショッピングセンターなど、駐車場・アスファルトの上が多いかと思います。

そんな中、真夏の太陽にさらされる献血バス。

エンジンかけてエアコンがんがん回さないと、中はとんでもない温度になってしまいます。全然エコじゃないですね。

 

そこで、遮熱塗装で数々の実績のある日本中央研究所のアドグリーンコートに着目した方がいらっしゃいました。

これをバスに塗ったらどうかと。

バスの室温の上昇を抑えれば、エアコンの稼働も抑えられ、省エネにつながるし、カーエアコンの故障も少なくなるのではないかと。

 

このプロジェクトに、赤十字様より杉田塗装にご用命をいただきました!

埼玉県赤十字血液センターと日本中央研究所と杉田塗装のコラボレーション企画。

その施工の様子、プロジェクトの半ばですが公開いたします!

足場組み

アルファベットでいうEの形に組みました。ヨでもいいです。これなら2台同時施工できます。

場所は埼玉県赤十字血液センター熊谷出張所の車庫内です。屋根付きなのである程度天候から守ってくれる、ありがたいスペースをお借りいたしました。

大型バスの寸法に合わせて、計算上ギリギリな感じです。
(運転手さんすみません、間が空くと危ないので…)

 

水ぶき

まずはお掃除。基本です。

あまり濡らすと後の工程が乾くまでできませんので、高圧洗浄機ではなく水ぶき程度で。

長年、献血という尊い仕事で走り回ったバス。たまった汚れもいっぱい・・・かと思ったらそこまでじゃなかったです。

おそらく赤十字の方のお手入れのたまものかと。

 

ケレン

紙ヤスリで表面を目荒らしして、塗料の食いつきを良くします。

いつもやっていることですが、バスの上なのでなんとなく違和感があるそうです。

安全対策として、親綱張りと安全帯を着用しております。

バスの屋根はなんだかんだ言っても高所作業。しっかりした安全対策をいたします。

ケレン作業の手元。手作業です。大変ですが何事も下準備が大事です。

 

ブロア

送風機で、表面のホコリなどを吹き飛ばします。

FPS視点で、なんとなくゲーム画面っぽい写真ですが、作業している人はいたって真面目に作業しております。

これで塗装準備完了。早速塗料を塗っていきます。

 

下塗り

GL専用プライマーを塗布。バスの屋根と上塗り塗料をくっつかせる非常に大事なものです。

これを塗ると、16時間以上養生いたしますので、次の作業は翌日になります。

しっかりと付着させ、中塗り、上塗りへと続いていきます。

 

中塗り

遮熱効果抜群のアドグリーンコートGL(JIS規格品です)を塗っていきます。

色は白。当然ですが遮熱効果、光を跳ね返す力を最大限に発揮する色を選択します。

なんせ、最大の目的は、バスの室温を下げることですので。

 

上塗り

アドグリーンコートGLは2回塗ります。プライマー塗布と合わせて3回塗りです。

このあたりは住宅塗装とあまり変わりはありません。ごくごく一般的です。

塗膜がしっかりと形成されています。効果を出すために、気持ち厚めに塗ってます。

 

完了写真の一部。

テントの格納ボックスなどもあるため、塗れる範囲で塗装しましたが、これで効果は十分あるそうです。

 

いかがでしょうか。

現在進行形のプロジェクト(平成29年2月21日現在)ですが、非常に意味のあるプロジェクトだと思い、掲載いたしました。

 

実は、他県で先行して試しに塗装したところもございまして、データで実際に効果がでているそうです。

※追記 9度近く下がったというデータがあるそうです。

 

平成29年の夏も、熊谷市を代表に、埼玉県もきっと暑くなると思います。

中で作業される医療関係の方も、献血をされる尊い意思をお持ちの方も、この遮熱塗装で少しでもバスの中が快適に過ごしていただければ、塗ったかいがあるものです。

今後、全国展開も検討されている今回のプロジェクト。

杉田塗装の安全対策入りの施工事例が、今後の参考になって頂ければと思います。

(他県でプロジェクトに参加される施工店様へ、細かい情報などは、日本中央研究所株式会社様や株式会社杉田塗装までお問い合わせください。というか、情報共有しましょう。)

 

日本中央研究所株式会社様よりいただいたアドグリーンコートGLの仕様書になります。

この内容に準じて塗装しております。

※ GL専用プライマー施工仕様書(金属系.屋根・壁用)

 

 

また、この場をお借りいたしまして、埼玉県血液センターの各営業所の所長様、ご担当者様、運転手の方、様々な関係者の方に深くお礼申し上げます。

2月24日追記時点で残り1台ですが、最後までよろしくお願いいたします。

 

追記

2月27日、足場の解体まで行い、工事完了いたしました。

ありがとうございました。

 

オマケ

塗装したバスが加須市に来たぞーーーー!!!!

(撮影日 2月19日 場所 スーパービバホーム加須店にて。ビバモール側です。)

特別掲載! 羽生市 N様邸 WB多彩仕上工法にて塗装いたしました。

羽生市 N様邸 スズカファインのWBアートSi 3色仕上げにて塗装いたしました!

 

多彩仕上げの塗装技法、各メーカーがしのぎを削っておりますし、最先端をいく施工店も色々勉強しているもようです。

もちろん、わが社、杉田塗装もその中の一社です。

多彩仕上については、色々なメーカーの手法で何通りかの施工はしてまいりましたが、今回はスズカファイン株式会社のWBアートSiの塗料と技法にて仕上げました。

今までの塗装とは風合いが異なる、非常に斬新かつリアルな仕上がりになりました。

まずは施工前。

石積調のサイディングですが、どうしても経年劣化にて色褪せがみられます。

クリヤーを塗っても建てた当初の色は復帰できそうにもなく、単色ではせっかくのデザイン性が失われる恐れがありました。

 

そのため、WBアートSi 3色塗りをご提案させていただき、快くご了承いただきました。

シーラーとA/B/Cの3色、クリヤーを入れて、5層の塗装にて、外壁が生まれ変わる様子をご覧ください。

下塗り。シーラーを塗りました。

この段階では、お世辞にも変わったとは言えません。

むしろ、凹凸が目立たなくなり、単調になってしまっています。

つづいて、A色を塗装します。

目地と凹部の部分のベースとなる色になります。

(極端な言い方ですが)単色塗りでは、このような仕上がりに近くなってしまいます。

技術がなく、これで諦めてしまう施工店も世の中には多いかと思います。

 

B色を塗装。

印象が全然違います!

よろしければ、一回上に戻って、塗装前と見比べてください。

アップだけでなく、少し引いた構図で撮影。

正直、これで十分と思う人もいるかと思います。

WBアートSiの2色塗りならば、これにクリヤーを塗って完了ですが、今回は3色塗り。

もう一工程入れる、ゴージャスな仕上げになります。

 

C色を塗装しました。

さらなる色味と、不規則な模様は、まるで本物の石積みのような風合いを生みます。

エイジング塗装に通じるものもあるでしょうか。経年で出る味わいを感じられます。

(もちろん塗装したてですから、保護力はバッチリです)

 

仕上げに、WBアートSiクリヤーを塗りました。

黒いツブ入りと天候で、かなり黒っぽく見えますが、ご了承ください。

実際、WBアートSiクリヤーの塗料の中には、極小の着色鱗片状顔料や光安定化剤、紫外線吸収剤などが入っております。

せっかくの多彩模様、長持ちさせたいですよね。

 

非常に仕上がりが素晴らしいので、大き目に施工事例の記事にさせていただきました。

色々な工法が世の中にはございますが、こういった劣化の進んでしまったデザイン系サイディングボードでも、このように意匠を生まれ変わらせることが可能です。

塗装時期を逃して諦めている方、多彩仕上工法にて今一度お宅を蘇らせるプランを、ぜひご検討ください。

 

2月18日追伸

全景、アップロードいたしました。

また、メーカーであるスズカファイン株式会社様から取材依頼がかかっております。(協力予定です)

今後の多彩仕上工法の時代の流れ、塗装をお考えのお客様も、業界関係者も、ぜひご注目ください。

 

木部のエイジング塗装を行いました!(内装工事)

Q.エイジング塗装とは?

A.経年したかのように見せる塗装です。

新品の木材であっても、あたかも数十年~数百年経過したアンティークのような風合いを持たせる技法です。もちろん、金属やモルタルなどにも用いることができます。

今回は、木造の棚や戸棚、内装の木部にエイジング塗装を行いました。

ツヤツヤの木部が、みごとに白化しました。

棚も前から置いてあるような感じに。白い色なので、よくある汚れや朽ちるような感じではなく、上品に経年劣化したかのような感じです。

木目を生かして塗装しました。

塗りたてなので、落ち着けばもっと味のある風合いになるでしょう。

 

杉田塗装は、外壁塗装がメインですが、埼玉県内の店舗や住宅の内装も実績がございますので、ぜひご参考にしてください。

三井ホームコンポーネント様 埼玉工場 屋根遮熱塗装工事

アドグリーンコート®の塗装で、最高の遮熱性能を発揮!

 

こちらは2015年の工場屋根の施工事例となります。

着工前・3image1 完了検査・4

当社は、日本中央研究所株式会社のアドグリーンコート®認定施工店となっております。

遮熱塗料に興味のあるかた(住宅・工場問わず)ぜひ日本中央研究所株式会社のHPをご一読ください。

http://www.nck-inc.com/

日本中央研究所株式会社HPでの杉田塗装紹介ページ

http://www.nck-inc.com/constructors/saitama/sugitatosou/

 

当社と同じく加須市にある三井ホームコンポーネント様の工場屋根に、アドグリーンコートのEx-009αを塗装いたしました。

真っ白に仕上がった屋根も美しいですが、特筆すべきは遮熱効果です。

真夏、施工面に素肌を当てても何ともないです。ぬるま湯ぐらいです。

詳細や原理は公式HPにございますが、遮熱・排熱能力に非常に優れております。

大気はいくら暑くても(熊谷市でも)40℃前後だから、熱伝導で鉄板の高温を逃がしてやれば、それと同じ温度=お風呂のお湯くらい。

なので鉄板を触っても熱く感じない、という原理です。

 

 

住宅塗装とちょっと異なりますが、このような塗装工事も杉田塗装は施工いたします。

Y様邸 外壁塗装、木部塗装、灰汁洗いの施工事例を公開します。

外壁塗装、木部塗装にて、新築のような風合いに生まれ変わりました。

当社の事業内容の一つに、灰汁洗いというものがあります。簡単に言えば、木部に染みついた汚れを落とす作業です。

灰汁洗い後、ランバーガードにて木部塗装。生まれ変わった木造住宅の素晴らしさをご覧ください。

 

使用塗料

  • 外壁 ・・・ ジョリパットフレッシュ、ジョリパットクリーンウォッシュ
  • 木部 ・・・ ランバーガード 【色 スコッチ】

 

002Y様邸ビフォア_R 002Y様邸アフター_R

003Y様邸ビフォア_R 003Y様邸アフター_R

004Y様邸ビフォア_R 004Y様邸アフター_R

005Y様邸ビフォア_R 005Y様邸アフター_R

006Y様邸ビフォア_R 006Y様邸アフター_R

007Y様邸ビフォア_R 007Y様邸アフター_R

008Y様邸ビフォア_R 008Y様邸アフター_R

009Y様邸ビフォア_R 009Y様邸アフター_R

010Y様邸ビフォア_R 010Y様邸アフター_R

 

 

012Y様邸ビフォア_R 012Y様邸アフター_R

013Y様邸ビフォア_R 013Y様邸アフター_R

014Y様邸ビフォア_R 014Y様邸アフター_R

 

 017Y様邸アフター_R

016Y様邸ビフォア_R 016Y様邸アフター_R

 

018Y様邸ビフォア_R 018Y様邸アフター_R

001Y様邸ビフォア_R 001Y様邸アフター_R