塗装職人として一番いい体格を考えてみました

先日の出来事です。

大工さんが軒天貼ってから杉田塗装が塗装工事する予定の現場より。

「軒天まで30cm届かないところがあるから、足場追加してほしいです」

という依頼がありました。

たまたま足場職人が近くにいたので、すぐに対応してくれました。

 

足場の上は安全第一、無理してケガしたり重大災害になってしまうと本末転倒ですので、安全に関しては(筆者が知る限りの職人は)最優先して行動しております。

時代に合わせて、杉田塗装はフルハーネス型安全帯の特別教育を8月に受講予定です。

(前回受けてない者のみ)

フルハーネス型安全帯使用作業特別教育

…前回は2月だったですね。

なかなか調整できず、半年ぶりになってしまいました。

建設埼玉の皆様、よろしくお願いいたします。

 

さて、今回は大工さんが軒天貼り替え作業で届かないというパターンでしたが、塗装職人でも同様のことがあります。

 

そこで、塗装職人に有利な体型とはどんなものだろうかと考えてみました。

塗装職人ではない人間の独断と偏見が大いに入っておりますがご容赦願います。

(全国の塗装職人様、すみません。イメージで執筆してます)

 

まず軒天とか天井とかを塗るのには、背の高いほうが有利に思えます。

先の例では、身長が30cm高ければ届いたわけで。(そんなこと言ったら身長2m越えとかになっちゃいますが)

しかし、塗装工事は狭いところをやることも多いです。

高さは極端な話、脚立や踏み台、はしご、ローリングタワー等で補えることもあります。(一部、安全性無視発言がございますがご了承ください)

ウッドデッキの下だったり、鉄骨階段の裏側だったり、内装なんかでは延々としゃがんで作業することもあるかと思います。

足らない部分は長柄の刷毛だったり、道具でカバーできるものがあるので、小柄な方のほうがかすかに有利?

シチュエーションに応じて有利不利があるといったところかと思います。

 

腕っぷしは、あっても困ることはないと考えます。

足場を登る際、ハシゴを登る際、塗料の入った一斗缶を持つ力、高圧洗浄機を車に積む力など、腕力も結構使います。

ですが、塗装の際には繊細なタッチを必要とすることもあり、器用さも要求されます。(むしろこっちが大事か?)

また、どうしても動かせないもの(給湯器とか物置とか)の裏の外壁を塗るときに、腕が太いと入らないことも考えられます。

ゴリマッチョな腕っぷしになってしまうのも考え物かもしれません。

 

体重は、どう考えても身軽なほうが有利かと思います。

(ウチの職人から、お前が言うなという声が聞こえてきそうです)

 

スタミナはあって困るものではありません。

ですが、頑張りすぎて熱中症とかにかかってしまってはいけません。

しっかりと休憩時間を取り、補給を行い、オンオフを切り替えられることが大事です。

 

頭脳に関しては、作業の先を見る能力、視野があったほうが良いかと思います。

基本は押さえて、でも効率よく作業するための向上心を持つものが職人だと聞きました。(杉田代表より)

作業員と職人の違いについては、また後日。(スピードについて)

 

と、ここまで非常に適当ではございますが考察してみました。

なんでもできるのは理想ですが、どんな職種の職人にも、得手不得手はあると思います。人間ですから。

それを補うために複数人での作業体制があり、大きく言えば、会社というものもそのために存在するのです。

経営者のこうしたいという考えに賛同して、有志が集まり法人として組成するのが会社であり、互いに足らない能力を補い、優れた部分を提供、いわば「売り」として、会社は成り立つと考えております。

(というか、そうじゃなきゃ就職しないし採用しないし。あくまで一般論ですが)

 

なんか話が飛躍してしまいましたので戻します。

結論

「外壁塗装、屋根塗装に関しては身軽が有利(だと思う)」

としておきます。身長はどちらにしろ有利不利ありで。

やっぱり高所作業であることや、傾斜部、屋根の上などを動きやすい人のほうが塗装作業が効率良くできるのではと思います。

 

ここまで書いておいてですが、建築塗装・特に住宅塗装の場合で考えております。

別途、木工塗装や金属塗装、噴霧塗装、鋼橋塗装については、また違った要素があるかと思います。

ツッコミ所が多々あるかと思いますが、建築塗装会社の事務方の戯言だと思って笑い飛ばしていただければと思います。

 

別件

本日、お客様から差し入れ頂きました。

フルーツゼリーだそうです。

冷蔵庫で冷やして、みんなで分けていただきます。

 

頂いた際にちらっと、体格の話になりまして、そこから発想が巡ってこんな記事になりました。

全国の巨漢の皆様、自分が牛丼並盛、一緒に行った(自分より小柄な)人が大盛や特盛を注文したら、自分のほうに大きいのが来てしまうのは、テンプレート、お約束、致し方のない事です。

(ラーメンとチャーシューメンでも同様の現象が75%以上の確率で起こります。筆者体験より)

外壁塗装 工事完了のお礼をいただきました(平成31年4月版)

すごく久しぶりに再開するこのシリーズ。

早速ですがご紹介。

加須市のA様から工事完了のお礼でいただきました。

ちょっとご婦人からもらったらドキドキするようなラッピング。

中身は…

お菓子の詰め合わせでした。

 

シャトレーゼ様のお菓子詰め合わせ。

みんなで美味しく頂く…予定でした。

写真を撮り、職人のミーティングの場に持っていきます。

「A様から頂きました。みんなで分けてくださいね。」

 

数分後。

「あれ? オレの分は!?」

…次からは、事務方の分を確保してからお配りしたいと思います。(宣言)

2018年忘年会の様子

2018年の12月、杉田塗装はめちゃくちゃ大忙しでした。

予定の変更、追加工事、多職種との調整、足場の手配など、自社他社問わずの大忙し。まさに師走。

それでも、年内にやるべきことはほぼまとめられたのは、ひとえに職人・社員一同の頑張りと、防水屋さんや板金屋さんなどの他職種の方の尽力があったからだと思います。

外壁塗装は一日にしてならず、一人にしてならず、です。チームワークの賜物かと。

 

そんな苦労を労い、パーっと気分転換の場を設けることも、また一つの重要な会社行事、親睦会の出番であります。

というわけで、2018年も、無事に忘年会を開催することができました!!!

 

今年は、ボウリング大会と食事会の2段構え。

ゲストにお世話になった他業種の方、販売店の方もお迎えして、ボウリング大会は家族参加OKでやってみました。

ボウリングは、加須市のビバモール内にあるジョイナスボウル様をお借りしました。

(4レーン貸していただきました!)

今回力を入れて準備した優勝商品は・・・ゲストのH氏にかっさらわれました!(笑)

5連続ストライクとか出して、トップ目だった杉田代表を一気に大逆転、なかなかにドラマティック。

ハンディ入りといはいえ、小学生も大健闘。上位商品ゲットしてました。(ビールじゃなくてよかった、次回の課題にします)

 

そして食事会。久喜市にあります、和食上州様で行いました。

見た目は上品な割烹料理屋さんですが、和食だけでなく、定食メニューから唐揚げ、タンメンやカレーまであったり、非常に多彩です。

お酒の種類も豊富で、個人的には魚料理や刺身が非常に美味しいと思っております。

ボウリング会場に忘れ物をして戦々恐々としている幹事をよそに、みんなガッツリいただいてました。

一通り宴会コースに追加オーダーOKにしてたら、カツカレー大盛とか追加されててびっくり。(デカ盛りっすよ、ここのカレー)

 

ビンゴ大会も開催し、一等は米沢牛という大盤振舞。

全員が色々な商品をお持ち帰りすることができました。

※余談ですが、皆様がお買い上げいただいたアプリ「塗料の硬化剤 即計算!」の売上は、こうして社員一同に還元されていたりします。

 

今回ご支援・ご奉仕いただいた方、またお歳暮も一部活用させていただいたりもしておりまして、多大に感謝しております。

親睦会会長(ブログ筆者)として、お礼申し上げます。

 

2018年の仕事を一つ一つ丁寧に仕上げていったからこそ、このような会を催すことができました。

2019年の忘年会も、2018年よりも良いものが開催できるように、まずは仕事を一つ一つ丁寧にやっていきたいと思います。

(来年のことを言うと鬼が笑うと言うけど、今年開催予定のことだからセーフ?)

日本ペイントのGOOD JOBキャンペーン2018(その2)

また当たった!

 

日本ペイントのGOOD JOBキャンペーン2018(その2 9月末〆切分)

まあ、今回はダブルチャンス賞だから、実質一回はハズレたってことで。

(かなりの数のシリアルコード打ち込んだのに…)

それでもクジに当たったという事実があるというのはプチ幸福感。

 

今回の当選商品はコチラ!!

オリジナルヤッケでございます。

かなり薄手、だがそれがいい。

 

これから寒くなるシーズン。

外壁塗装の作業も、だんだんと寒さ・厳しさが増してまいります。

外に羽織ることも、インナーとして重ね着用にも使える、この手の衣類は重宝です。

 

職人から一言。

「うちの社員分、全部くれればいいのに」

・・・あと何百枚応募すりゃいいんでしょうか。

全員集合! 2018年版

杉田塗装社員大集合!!

 

若手からナイスミドルまで、小柄な職人から巨漢まで。

杉田塗装社員一同、勢ぞろいでございます。

 

2017年と違い、逆光に気を使いました。

ちなみに撮影日は、建設埼玉の健康診断の日でもあり、前日夜から食事を抜いており、多少きつい顔をしておりますがご了承ください。(腹減った~)

 

また、この日は、職人にお祝い事がございまして、食事会を設定いたしました。

食べ放題を設定したら、前日からの食事抜きの反動か、みんなガッツリいただいておりました。(美味しゅうございました)

 

季節の変わり目なので、運動の秋、食欲の秋のごとく、しっかりと仕事して、しっかりと食事して頑張ります。

日本ペイントのGOOD JOBキャンペーン2018

「日本ペイント GOOD JOBキャンペーン」

全国の塗装屋さん向けのイベントですが、今、日本ペイントの塗料にキャンペーン応募用紙が付いております。

 

応募券(厳密にはシリアル番号、たまに直撃でローソンのマチカフェコーヒー引き換え券が当たることもあるそうです)3つで、一口応募できます。

チャンスは毎月1回ずつなので、何回かチャンスあります。

 

 

ファイン4Fセラミック、パーフェクトトップ、ファインシリコンフレッシュなど、8月に買った塗料の分で、さっそく応募してみました。

Bコースに何十枚分を全ツッパ。アルファベットないけどシリアルコード打ち込みしんどいっす。

ちゃんとどこの塗料販売店で買ったか入力するところがあるので、セキュリティは問題なさそうです。

なお、Bコース、ダイソン掃除機、ジェフグルメカード、ステンレスタンブラー、カップ麺バラエティセットのどれかを抽選するようになっております。

 

その結果・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

当選メールが届きました!!!!

当選率高いとか聞いてましたが、まさか当たるとは・・・

(全国の塗装屋さんが応募するだろうから、当たらないと思ってました)

 

そして届いたのがコチラ。

カップ麺19食分。

 

・・・ヒキが強いのか弱いのか。

まあ、掃除機とタンブラーは、会社で使うか、年末忘年会にビンゴ大会かなにかの景品になってしまうので、カップ麺19個ならみんなに行きわたるから良いかもしれません。

なお、並べて写真を撮る前に、みんな持ってっちゃった・・・インスタ映えしそうだったのに、ちょっと残念。(補足、杉田塗装、インスタグラムはやってません。SNSはfacebookページを設けております)

 

さて、9月はすべてのコースに分散して応募してみました。

結果は10月下旬ごろ。

複数口当選の可能性もあるそうなので、ちょっと期待しております。

二匹目のどじょう、果たして捕まえられるでしょうか。

 

末筆ながら、日本ペイント様には、ダイヤモンドコートにも参加させていただいておりますが、いつもお世話になっております。今後ともよろしくお願いいたします。

(宣伝して当選確率上がるかな? ・・・すいません、冗談です)

鴻巣市の日本一広いポピー畑!

鴻巣市で行っていた塗装工事も無事終了しました。

 

工事が終わってからも、各種事務手続きなどで何度かお客様のもとをご訪問することも多いです。(工事完了確認書や、写真台帳のお渡し、請求や集金など)

これがまた、お客様都合で土日に行うことが非常に多いです。

そして日曜日は社長がバリバリ動くことが多いです。

 

というわけで、日曜日はついでに散策だったり食べ歩きなどをすることも…

(基本休みなので、公私混同OKってことで。)

鴻巣市で、ちょうど第8回こうのす花まつりが開催中ということで、日本一のポピー畑へ行ってこられたそうです。

写真がコチラ。

(撮影者 杉田和樹)

すごい広さ! 地平線が見える!?

 

鴻巣市HPより転載。こうのす花まつりについて

 

「こうのす花まつり」は、「花のまちこうのす」をPRするイベントで、市内の各会場にて様々なイベントを開催します。

日本一広いポピー畑(12.5ha)「ポピー・ハッピースクエア」で開催する「ポピーまつり(馬室会場)」、コスモスアリーナふきあげ周辺での「麦なでしこ・ポピーまつり(吹上会場)」、花久の里での「バラまつり」、鴻巣オープンガーデン「花の環」会員宅を公開する「鴻巣オープンガーデン」などイベントが盛り沢山です。また、今回より「オープンガーデンバスツアー」を再開します。

 

鴻巣市HP、【日本一】ポピーの栽培面積(12.5ヘクタール)のリンク

http://www.city.kounosu.saitama.jp/shisei/gaiyo/4/1455525739748.html

 

12.5ヘクタールは、だいたい200m×625mぐらい。

東京ドームが3個入るかどうかぐらいの広さです。

それぐらいの広さが全面ポピーで覆われているのだから、圧巻です。

お祭り自体は昨日で終わってしまったらしいですが、花畑はまだしばらく続くかと思いますので、好きな方は行かれるのではないかと思います。

 

鴻巣市も結構、観光場所や素材が多くてうらやましいです。

ポピーもそうですが、こうのす川幅うどんもインパクト抜群です。

(ひょっとして面積ネタに強い!? さすが荒川流域)

こうのす川幅うどん、まだ未食なので、いつかは食べてみたいと思います。

加須のうどんも美味しいけど、質実剛健なんで。

加須市のお客様より、塗装完了のお礼を頂きました(30年4月版)

平成30年4月からも、加須市の住宅改修等助成金制度はしっかりと実施されております。

加須市にお住まいの制度を使われた方は、「一部お金が帰ってきます」。

我々、リフォーム業界の会社は、加須市のお客様にアピールすることで「集客効率が上がります」。

市役所からは、市内業者の売上が上がることで「法人税収入が増えます」。

みんなが利点を得られる、非常に良い制度だと思います。

 

筆者も加須市民ですので、何かあればぜひ使いたいと思います。

(でも自分のウチを自分の勤め先で塗装工事って助成金制度上OKなんでしょうか? ルールに書いてあるかな?)

 

先日、工事完了して、助成金制度により実際にお客様の口座へお金が振り込まれたということで、お礼をいただきました。

(当社事務方で、結構申請の手伝いをしているので、それも含めのお礼です。ありがとうございます。)

十勝甘納豆本舗様の「ぱりぱり最中」です!

十勝の甘納豆というと、加須市民なら誰でも知っている(多分)、お菓子店です。

旧大利根地区にあり、埼玉大橋や道の駅おおとねと同じ通りにあります。

店舗自体は、ともすると洋館のような作りになっており、甘納豆という商品からはイメージがだいぶ違います。(小さいころからの個人的感想です)

http://tokachi-tachibana.co.jp/tokachiamanatto/shop/%E5%A4%A7%E5%88%A9%E6%A0%B9%E5%BA%97.html

(十勝甘納豆本舗 大利根店の公式HPアドレスです)

庭園があり、噴水などもあり、甘味処もあり、ちょっとした憩いの場になっております。色々なお菓子があるので、加須のお土産スポットとしても活用できると思います。

頂いた「ぱりぱり最中」は、餡子と最中の皮が別になっており、食べる直前に自分で餡を詰めるスタイルです。

つぶ餡、こし餡、二種類入っております。

パリパリ感を味わうにはベストな方法かと思います。

一部、最中の皮だけ食べて、アンコが入ってないと文句を言っていた職人がおりますが、濡れ衣のため、この場を借りて頂いたお客様および十勝甘納豆本舗様に代理でお詫び申し上げます。(あとでみんなから総ツッコミを受けておりました)

 

みんなで美味しく頂きました。

どうもありがとうございました!

加須はイチゴも美味しいです

杉田塗装の福利厚生について、ちょっとだけ述べます。

法定福利厚生を会社として色々準備しております。

資格手当、交通手当、退職金制度など。

無論、社会保険などの基本的な部分は完備しており、社員は原則正社員です。(新人の試用期間は一応制度的に設けてます)

 

その他のオマケ(法定外福利厚生)

お土産だったり、工事のお礼だったり、近所の評判のものや新店テスト、これが意外と多いです。

基本、食べ物ですね。

最近では浦和でカレーパンまとめ買いしてみたりとか。

※果たして法定外福利厚生と銘打っていいかどうか疑問ですが、おおむね喜んでもらえてるので、まあおおまかに福利厚生のカテゴリで良いかと。

社長以下、全従業員、美味しいものに関しては色々こだわりがあるようで。

情報を仕入れるのも実際に行ってみるのも、事務方の大事な大事な仕事です。

 

そんなわけで、今回は加須市近隣で評判のものを仕入れてみました。

増川農園のイチゴを、全従業員分+αまとめ買い。4箱、16パック。

写真の下にもう一段重ねてあります。ビジュアルインパクトは抜群。

 

https://www.facebook.com/masukawanouen/

埼玉県加須市にあります、増川農園さん。

フェイスブックページがありましたのでリンクを。

直売場は加須市割目288。久喜市からもアクセスしやすい場所にあります。(田んぼの真ん中)

モラージュ菖蒲から少し加須市方面(北側)に向かったあたりになります。

 

品種はとちおとめ。

非常に粒が大きく、甘さと酸っぱさが程よいバランスで非常においしかったです。

来年度には、もっと大きくてもっと甘いものを食べたいという人もいました。

(人気高くて、時期によっては買うの結構大変なんですけど・・・)

 

イチゴは旬を迎えましたが、外壁塗装も作業のしやすいシーズンを迎えました。

(やっぱり春過ぎの陽気の良い時期を好まれる方、多いですね。秋口よりは行事が少ないのもあるかもしれません)

美味しいものをしっかり食べて、元気に仕事できるように頑張ります。

外壁塗装 工事完了のお礼をいただきました(11月版)

早いもので、もう12月でございます。

寒い日々ですが、皆様、いかがお過ごしでしょうか。

寒くても、塗装工事は準備万端で行いますので、施工中の方も、この冬に外壁工事をお待ちの方もご安心ください。

 

11月に塗装工事を完了したお客様から、外壁塗装工事完了のお礼をいただきました。

東京風月堂のゴーフレットです。

2017年4月の記事でも風月堂様は取り上げさせていただきました。

その時の記事がコチラ

外壁塗装工事(ほぼ)完了のお礼、頂きました!

 

このときは神戸風月堂のゴーフルをいただきました。

クリームが腐らない原理などに驚かされたことが記録されております。

ゴーフル食べながら記事書いてますね、反省。

 

今回頂いたゴーフレットは、ゴーフルのミニ版です。

ゴーフルは結構直径が大きいですが、ゴーフレットならばお手頃サイズで食べやすい大きさですね。

数が多いので、大所帯になってきた杉田塗装には非常にありがたいです。

寒くなってきたので、暖かい飲み物と合わせていただきたいと思います。

どうもありがとうございました。